blog index

元気です! ながさわです!!

アッセンブリー京都教会 
牧師 長澤 聖志のblog
2017年06月22日
23:09
だ〜るまさんがころんだ!! https://t.co/uKoRQqLFuK #jugem_blog
| sasshi-n | メモ | 02:20 | - | - | - | - |
だ〜るまさんがころんだ!!

今日はキッズゴスペルでした。

おともだちといっしょに

ゴスペルを歌い、踊りました。

 

キッズゴスペル

 

お話はダビデとゴリアテ。

 

クラスが終わるといつものように

自然と遊びの時間になりました。


今日は早めに教会の庭に出て
「だるまさんがころんだ」。

 

小さなおともちがいっしょけんめいに
ルールを覚えて楽しんでいます。

「せんせい、おにな」
僕は鬼になり、

「だ〜るまさんがころんだ!」とさけびます。

 

歌の教室が終わった後の遊びも
こどもたちのお楽しみです!!

| sasshi-n | キッズ・ゴスペル | 23:09 | comments(1) | trackbacks(0) | - | - |
2017年06月21日
23:08
「私のいのちを取ってください」からの出発 https://t.co/yEe0urVLLi #jugem_blog
| sasshi-n | メモ | 02:20 | - | - | - | - |
「私のいのちを取ってください」からの出発

19:4 自分は荒野へ一日の道のりをはいって行った。彼は、えにしだの木の陰にすわり、自分の死を願って言った。「主よ。もう十分です。私のいのちを取ってください。私は先祖たちにまさっていませんから。」5 彼がえにしだの木の下で横になって眠っていると、ひとりの御使いが彼にさわって、「起きて、食べなさい。」と言った。6 彼は見た。すると、彼の頭のところに、焼け石で焼いたパン菓子一つと、水のはいったつぼがあった。彼はそれを食べ、そして飲んで、また横になった。7 それから、主の使いがもう一度戻って来て、彼にさわり、「起きて、食べなさい。旅はまだ遠いのだから。」と言った。8 そこで、彼は起きて、食べ、そして飲み、この食べ物に力を得て、四十日四十夜、歩いて神の山ホレブに着いた。9 彼はそこにあるほら穴にはいり、そこで一夜を過ごした。すると、彼への主のことばがあった。主は「エリヤよ。ここで何をしているのか。」と仰せられた。(第1列王記19:4−9)

 

 

「主よ。もう十分です。私のいのちを取ってください。」

エリヤの主への切実で深刻な訴えは違ったかたちで取り扱われた。

みつかいが二度も彼にさわって「起きて、食べなさい。」と言い

彼は備えらえた食べ物を食べ、備えらた水を飲んだ。

 

彼はこの食べ物に力を得て歩き出すのである、神の山へと。

そして主のみ声を聞くのである。

「エリヤよ。ここで何をしているのか。」という主の声を。

 

「もう十分です。私のいのちを取ってください」からの出発である。

 

「もう十分です。私のいのちを取ってください」

僕たちもここから、ここに立ったとしても

出発できるのかもしれない、

もうダメだというそのところから。

 

(日々のみことば 2017年6月20日 砧鷁Φ19:1-21 

         引用 新日本聖書刊行会 新改訳聖書)

| sasshi-n | デボーション | 23:08 | comments(2) | trackbacks(0) | - | - |
2017年06月19日
13:10
華がなく、社会人は10社以上落ち。DeNA・宮崎敏郎が超無名だった頃。〈Number〉(Number Web) - Yahoo!ニュース https://t.co/Z8QCXKUuQY @YahooNewsTopics
23:07
僕の物語と聖書の物語 https://t.co/hnuuWKliPP #jugem_blog
| sasshi-n | メモ | 02:20 | - | - | - | - |
僕の物語と聖書の物語


僕の物語と聖書の物語。
もし僕の物語が行き詰まり
取り囲まれてしまっていると感じたなら
僕の物語ではなく聖書の物語に生きてみよう。
きっと僕の物語の続きが始まる。

| sasshi-n | 言葉 | 23:07 | comments(2) | trackbacks(0) | - | - |
2017年06月15日
08:45
幾羽かの烏が・・・ https://t.co/bCAgdeBrBn #jugem_blog
| sasshi-n | メモ | 02:20 | - | - | - | - |
幾羽かの烏が・・・

ギルアデのティシュベの出のティシュベ人エリヤはアハブに言った。「私の仕えているイスラエルの神、主は生きておられる。私のことばによらなければ、ここ二、三年の間は露も雨も降らないであろう。」(第1列王記17:1)

 

神様のことばは実現することば。

露も雨も降らないとのことばが語られたなら

「その地方に雨が降らなかった」。

 

わたしは烏に、そこであなたを養うように命じたと語られたなら

「幾羽かの烏が、朝になると彼のところにパンと肉とを運んで来、また、夕方になるとパンと肉とを運んで来た。」

 

そして養ってくださるお方である。

 

(日々のみことば 2017年5月15日 砧鷁Φ17:1-7 

                   引用 新日本聖書刊行会 新改訳聖書)

| sasshi-n | デボーション | 08:45 | comments(1) | trackbacks(0) | - | - |
2017年06月12日
22:12
「ぼくのもわって」「わたしも」 https://t.co/e5BhKUyfkY #jugem_blog
| sasshi-n | メモ | 02:20 | - | - | - | - |
「ぼくのもわって」「わたしも」

先回の金ひろ、

チューペットを持っていきました。

 

お話を聴いたあと、

みんなで食べました。

 

みんないつもと違うおやつにびっくり。

喜んでくれました。

 

うまく割れなくて

「ぼくのもわって」「わたしのも」と

次から次へと声が飛んできます。

 

氷が少し溶け気味だったからかもしれません。

少し保冷剤が少なかったかなと反省。

次回はたくさん入れていきます!!

 

 

おやつ

 

| sasshi-n | 飛び出せ!金ようひろば | 22:12 | comments(2) | trackbacks(0) | - | - |
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< June 2017 >>

bolg index このページの先頭へ