blog index

元気です! ながさわです!!

アッセンブリー京都教会 
牧師 長澤 聖志のblog
オーガストさんから「ゲノムと聖書」の読書レポートが届きました。
オーガストさんから読書レポートが届きました。
京大バイブルクラスメンバーのオーガストさんが、
ゲノムと聖書」という本を読み始められたそうです。
そのあたりのいきさつを記して下さいました。

投稿いただいたレポートです。
「ゲノムと聖書」を読み始めて

今日も京大バイブルクラスのブログを読みました。読むことはとても好きなのですが、書くことは語彙力とセンスのなさの故私にとっては大変です。とはいえ本の虫といえるほどに読む方でもありませんが。。。聖書に出会う前は雑誌を見る(読むではなく)だけでしたが求道中から真理を求め少しづつ本を読むようになりました。

最近、ずっと読んでみようと思いつつ、私の興味の範囲ではなかったので、なかなか手にしなかった本があります。春から親元を離れた二男が科学の面から書かれた本なら読んでみたいと漏らしたことがありましたので、彼に送る前に読んでみようという思いになりました。

その本は「ゲノムと聖書」(フランシス コリンズ著、中村昇、中村佐知訳)です。著者はアメリカの遺伝学者、医師であり米国国立ヒトゲノム研究所所長も過去務めました。

信仰を持っていなかった著者がどのようにして信仰を持ったか、そこまでは読み至っていませんが自然界を理解するには科学は信頼できる手法だが人間の存在意義や死後はどうなっているのかについては科学は答えられないと著者が言っています。「天使と悪魔」の映画公開にともないTVでも科学と宗教は調和しない、のような内容を先日やってました。この本を読んでみようという気になった理由の一つはその番組を見たせいでもあります。

この本を読み始め神様を探していたころの気持ちも思い出して、トライして読み始めています。

オーガスト


読後感想のレポートも楽しみにしています!!
オーガストさん、投稿ありがとうございました。
読後のレポートも楽しみにしています!

| sasshi-n | 豆知識 | 11:24 | comments(2) | trackbacks(0) | - | - |
きんき
昨日の京大バイブルクラスのティータイムの中でのこぼれ話。

「きんき」という言葉を僕たちはよく耳にする。
なぜならば僕たちが生活しているのが近畿地方だからだ。
でも、最近日本に来た英語圏からのメンバーにとって、それは戸惑いを覚える言葉なのだそうだ。
どうやら英語のkinky という言葉と「きんき」がかさなるかららしい。
そしてそのkinkyということばがあまりいい意味ではないようなのだ。

そこで調べてみた。

kink・y

[形](-i・er, -i・est)

1 ((略式))(性的に)異常な, 変態の;((俗))風変わりな, 心のゆがんだ.

2 よじれの多い;〈髪の毛が〉ひどく縮れた.
[ プログレッシブ英和中辞典第4版 ]


似たような発音でも言語が違えば、まったく違う意味になるんだなあとしみじみ思う。

なにはともあれ、これでひとつ、今まで知らなかった英単語を覚えることができた。

ただ、いつものことながら、つたない英語力で聞いた話なので、話の内容を正しく理解しているか定かではない。。。。
| sasshi-n | 豆知識 | 12:25 | comments(4) | trackbacks(1) | - | - |
I'm out going.
not shy ではなく、out going.

先回の京大バイブルクラスの後、マークとポーリンとしゃべっている中で内気ではないという意味を表現するため、not shy を連発していた。
そしたらポーリンが教えてくれたのがout goingという言葉。
用例として、I am out going.と使ってみせてくれた。
あとで辞書をみたら、社交的、外交的とあった。
確かに僕が表現したかった意味だった。
だが、もうひとつ興味深い意味が書かれてあった。
「出て行って」。

そういえば、イエス様は「あなたがたは行ってあらゆる国の人々を弟子としなさい」(マタイ28:19)とおっしゃった。
控えめが気に入っている僕は、
そんなに「外交的、社交的な人」になりたいと思ったことはないが、
ふと僕もIm out goingと言える人になるのもいいなと思った。


not shy ではなく、out going.

ただ英語で教えてくれたので、あくまでも僕が理解した内容である。。。
| sasshi-n | 豆知識 | 18:36 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
アルバイト
「アルバイト」という言葉は、ドイツ語からきているのだそうだ。ドイツ生まれのyan君がEnglishバイブルクラスの中で教えてくれた。

今まで、英語だと思って使って、通じなかった理由がわかった。
| sasshi-n | 豆知識 | 07:35 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
インドネシア語
Englishバイブルクラス後の雑談の中で言語習得の話題がでた。
日本人が一番マスターしやすい言語はインドネシア語だそうだ。
詳しく聞かなかったが、発音とか、文法とかトータル的に比較しての結果のようだ。色々な研究があるものだ。そういえば、一度、インドネシアで宣教されている先生のメッセージを聞き感銘を受け、今もメッセージが心に残っている。もちろん日本語の通訳付きであったが。

僕の友人には、数ヶ国語を使うことのできる人が何人もいる。日本語以外の言語を語ることのできない僕にとって驚くべきことだ。クリスチャンになる前は、国外の友人なんていなかったし、出会う機会もなかった。でも今はたくさんの友人ができ、出会いがある。まさに僕の世界が広がってきている。京都という土地柄か。それもあるが、それよりも教会のかかわりによるところが大きい。神様は全ての人々を愛し、導いておられるんだとつくづく思う。僕も多くの友人ともっとコミュニケーションをとることができるよういくつかの言語が使うことができるようになればすばらしいと思う。
| sasshi-n | 豆知識 | 22:46 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>

bolg index このページの先頭へ