blog index

元気です! ながさわです!!

アッセンブリー京都教会 
牧師 長澤 聖志のblog
恵み、憐れみ、そして平和があるように。

1キリスト・イエスによって与えられる命の約束を宣べ伝えるために、神の御心によってキリスト・イエスの使徒とされたパウロから、 2愛する子テモテへ。父である神とわたしたちの主キリスト・イエスからの恵み、憐れみ、そして平和があるように。(第2テモテ1:1-2)

 

恵み、憐れみ、平和。

これらの中で生きれる人は幸いだと思う。

神様、そしてイエス様から与えられる恵みを

心にとめて歩みたい。

| sasshi-n | デボーション | 19:57 | comments(8) | trackbacks(0) | - | - |
金銭の欲は、すべての悪の根です。

9金持ちになろうとする者は、誘惑、罠、無分別で有害なさまざまの欲望に陥ります。その欲望が、人を滅亡と破滅に陥れます。 10金銭の欲は、すべての悪の根です。金銭を追い求めるうちに信仰から迷い出て、さまざまのひどい苦しみで突き刺された者もいます。(第1テモテ6:9-10)

 

 

金銭の欲は、すべての悪の根。

実に重い言葉だ。

自らを省みる。

| sasshi-n | デボーション | 08:29 | comments(1) | trackbacks(0) | - | - |
主において常に喜びなさい。重ねて言います。喜びなさい。(ピリピ4:4)

4主において常に喜びなさい。重ねて言います。喜びなさい。(ピリピ4:4

 

 

喜ぶことができますように。

主における喜びに

心おどらせることができますように

| sasshi-n | デボーション | 08:47 | comments(3) | trackbacks(0) | - | - |
わたしたちの卑しい体を、御自分の栄光ある体と同じ形に変えてくださるのです。

17兄弟たち、皆一緒にわたしに倣う者となりなさい。また、あなたがたと同じように、わたしたちを模範として歩んでいる人々に目を向けなさい。 18何度も言ってきたし、今また涙ながらに言いますが、キリストの十字架に敵対して歩んでいる者が多いのです。 19彼らの行き着くところは滅びです。彼らは腹を神とし、恥ずべきものを誇りとし、この世のことしか考えていません。 20しかし、わたしたちの本国は天にあります。そこから主イエス・キリストが救い主として来られるのを、わたしたちは待っています。 21キリストは、万物を支配下に置くことさえできる力によって、わたしたちの卑しい体を、御自分の栄光ある体と同じ形に変えてくださるのです。(ピリピ人への手紙3:17-21

 

 

 

キリストの十字架に敵対して歩むという生き方。

 

それは腹を神とする、

すなわち自分の欲望を神とし、

恥ずべきものを誇りとし

この世のことしか考えていない、

という生き方であることが示される。

 

十字架に敵対して歩む生き方から

守られますように。

 

そうではなく

天が本国であることに心とめ、

救い主であるイエス様が来られることを

待ち望みつつ歩むことができますように。

 

欲望と汚れと悪巧みにみちた私たちの卑しい体を

ご自分の栄光ある体と同じ形に変えてくださるお方を。

| sasshi-n | デボーション | 08:22 | comments(2) | trackbacks(0) | - | - |
神が前もって準備してくださった善い業のために、

10なぜなら、わたしたちは神に造られたものであり、しかも、神が前もって準備してくださった善い業のために、キリスト・イエスにおいて造られたからです。わたしたちは、その善い業を行って歩むのです。(エペソ人への手紙2:10)

 

 

神様、

私たちがどのようなものであるかを

教えてくださってありがとうございます。

良いわざのために造られたものであると。

 

どうぞ、あなたがあらかじめ準備くださった善いわざを行って

歩むことができるよう助けてください。

またあなたが備えてくださった善いわざに預かって歩む恵みに

預からせてくださいますように。

| sasshi-n | デボーション | 08:34 | comments(1) | trackbacks(0) | - | - |
神は我々と共におられる

22このすべてのことが起こったのは、主が預言者を通して言われていたことが実現するためであった。 23「見よ、おとめが身ごもって男の子を産む。その名はインマヌエルと呼ばれる。」この名は、「神は我々と共におられる」という意味である。 24ヨセフは眠りから覚めると、主の天使が命じたとおり、妻を迎え入れ、 25男の子が生まれるまでマリアと関係することはなかった。そして、その子をイエスと名付けた。(マタイの福音書1:22-23

 

神は我々と共におられる

 

我々のところに来てくださったイエス様

我々の間に住み歩んでくださったイエス様

 

 

インマヌエルであるイエス様。

 

このお方がともに歩んでくださることに

のぞみをいただき歩めますように。

| sasshi-n | デボーション | 17:45 | comments(1) | trackbacks(0) | - | - |
わたしは弱いときにこそ強いからです。

9すると主は、「わたしの恵みはあなたに十分である。力は弱さの中でこそ十分に発揮されるのだ」と言われました。だから、キリストの力がわたしの内に宿るように、むしろ大いに喜んで自分の弱さを誇りましょう。 10それゆえ、わたしは弱さ、侮辱、窮乏、迫害、そして行き詰まりの状態にあっても、キリストのために満足しています。なぜなら、わたしは弱いときにこそ強いからです。(第2コリント12:9-10

 

わたしは弱い時にこそ強い

 

このことばが心にひびくとき

このことばが私たちを支える

 

心にいつもとめておきたい、

弱い時にも、弱い時にこそ。

| sasshi-n | デボーション | 22:55 | comments(3) | trackbacks(0) | - | - |
聖霊によって身ごもっていることが明らかになった。

18イエス・キリストの誕生の次第は次のようであった。母マリアはヨセフと婚約していたが、二人が一緒になる前に、聖霊によって身ごもっていることが明らかになった。(マタイの福音書1:18

 

処女降誕。

系図に登場する人物のだれとも違う

特別な誕生。

聖霊によって身ごもるという奇跡。

 

罪からの救いは奇跡のわざなのだ。

 

イエス様を知ることができますように。

 

神様、

このお方との深き交わりの中に

わたしたちを導いてください。

| sasshi-n | デボーション | 08:31 | comments(1) | trackbacks(0) | - | - |
あなたがたの慈しみが結ぶ実を成長させてくださいます。

7各自、不承不承ではなく、強制されてでもなく、こうしようと心に決めたとおりにしなさい。喜んで与える人を神は愛してくださるからです。 8神は、あなたがたがいつもすべての点ですべてのものに十分で、あらゆる善い業に満ちあふれるように、あらゆる恵みをあなたがたに満ちあふれさせることがおできになります。 9「彼は惜しみなく分け与え、貧しい人に施した。彼の慈しみは永遠に続く」と書いてあるとおりです。 10種を蒔く人に種を与え、パンを糧としてお与えになる方は、あなたがたに種を与えて、それを増やし、あなたがたの慈しみが結ぶ実を成長させてくださいます。 11あなたがたはすべてのことに富む者とされて惜しまず施すようになり、その施しは、わたしたちを通じて神に対する感謝の念を引き出します。 (第2コリント人への手紙9:7-11

 

わたしたちの慈しみが結ぶ実、

それを成長させてくださる神様。

 

善い業に満ちあふれるようにと

わたしたちに恵みを

あふれさせてくださる神様。

 

7各自、不承不承ではなく、強制されてでもなく、こうしようと心に決めたとおりにしなさい。喜んで与える人を神は愛してくださるからです。

 

神様、自らがこうしようと

心に決めたとおりに行うことができますように。

あなたが与え助けてくださることにお頼りして。

 

 

| sasshi-n | デボーション | 08:10 | comments(1) | trackbacks(0) | - | - |
砕かれた土の器として

20ですから、神がわたしたちを通して勧めておられるので、わたしたちはキリストの使者の務めを果たしています。キリストに代わってお願いします。神と和解させていただきなさい。(第2コリント人への手紙5:20)

 

神と人間を和解されるために

神様から遣わされたイエス様は

十字架と復活によって私たちの罪の贖いのわざを

成しとげてくださった。

 

神様はこの和解の務めを私たちに委ねておられるという。

私たちを通して人々に和解を勧めておられるというのだ。

 

神様、

キリストの使者としての務めを

果たさせてくださいますように

あなたご自身がこの土の器の中から

輝きでてくださった

あなたの栄光をあらわしてくださいますように。

 

砕かれた土の器として

あなたの光を輝き出る者としてください。

| sasshi-n | デボーション | 08:27 | comments(1) | trackbacks(0) | - | - |
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
2425262728  
<< February 2019 >>

bolg index このページの先頭へ