blog index

元気です! ながさわです!!

アッセンブリー京都教会 
牧師 長澤 聖志のblog
主を待ち望みつつ

朝のひと時、

スモールバイブルクラスを行いました。

 

仕事のお休みを利用して教会においでくださり

ご一緒に信仰生活について学んでいます。

 

今日はイエス様が再び来てくださるときを待ち望みつつ
今を生きる幸いについて思い起こすことができました。

| sasshi-n | スモールバイブルクラス | 22:31 | comments(2) | trackbacks(0) | - | - |
言葉を借りて祈りたい

今日の朝のスモールバイブルクラスで
心にとまった言葉です。

あなたの憐れみが、私を赦してくださいますように!私が祈るとき、まことにしばしば、自分の思いが自分のところに留まらないのです。私は告白しなければなりません。私はあまりも気が散りすぎます。私は自分が座ったり、立ったりしているところに、自分がいないのです。自分の思いでは、どこかとんでもないところに行ってしまっているのです。

 

トマス・ア・ケビンスの項

P254『魂への配慮の歴史4「中世の牧会者たち」』

編:C.メラー 訳:加藤常昭 日本キリスト教団出版局


僕も祈る時、同じ体験をします。
僕の祈りの体験を知っているかのような言葉です。

僕もこの言葉を借りて祈りたいと思います。
「あなたの憐れみが、僕を赦してくださいますように」

| sasshi-n | スモールバイブルクラス | 23:09 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
最も愛する者のために愛しているものを捨てる。

朝のスモールバイブルクラス。


以前は教会で顔と顔を合わせてしていましたが
遠くに引っ越されてからは
FACE TIME を用いて携帯とPCを通して
出勤前のひと時、
分かち合いの時をもっています。

 

今日、心にとまった言葉の一つはこれ。

<最も愛する者のために、愛しているものを捨てなければならない。
イエスはすべてにまさって愛されることを求めておられる。
被造物への愛は騙されやすく、不確かであるが、
イエスに対する愛は真実であって、揺らぐことがない。>

 

P248 魂への配慮の歴史4(C.メラー編 加藤常昭訳 日本基督教団出版局)


最も愛する者のために愛しているものを捨てる。

 

神様は僕のために愛するひとり子を十字架に渡された。

<神は実にひとり子をお与えになったほどに、世を愛された。(ヨハネの福音書3:16)>

 

僕もイエス様を最も愛するお方として
愛しているものを捨てることのできる者でありたい。
そしてそこにはきっとまことの自由がある。

| sasshi-n | スモールバイブルクラス | 22:29 | comments(2) | trackbacks(0) | - | - |
話しが広がって
夕方のスモールバイブルクラスでは
組織神学を学んでいます。

今日は特別啓示について学びました。
話しが発展し、楽しいときとなりました。

テキストは
組織神学(ヘンリー・シーセン 島田福安訳 聖書図書刊行会)です。
| sasshi-n | スモールバイブルクラス | 22:42 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
パウロとヨブ
朝のバイブルクラスでした。

今日から第3章、パウロに入りました。
パウロと先週まで学んでいたヨブとが
重なりあい新しい発見がありました。

このクラスで学んでいるのは
聖書の牧会者たち 魂への配慮の歴史1
(C.メラー編 加藤常昭訳 日本基督教団出版局)です。






 
| sasshi-n | スモールバイブルクラス | 09:38 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
この祈りの言葉が呼び水となって僕のこころにある思いを言葉にしてくれるという体験です。
訪問しての聖書の学びでした。
ハイデルベルク信仰問答の
問い127をテキストに学びました。

第六の祈願は何というのですか

我らを試みに遭わせず 悪より救い出したまえ、です
この意味はこうです
私どもは自分自身ではまことに弱く
一瞬たりといえども踏みとどまることはできません
その上に、私どもの不倶戴天の敵
悪魔、この世、そして私たち自身の肉は
私たちに戦いを挑むことを止めません
そこであなたは私どもを保ち、
強めようとしてくださいます
あなたの聖なる霊の力を通じて
私どもがこれらの敵に
断固たる抵抗をし
しかも、この霊的な戦いにおいて
決して敗れることなく
遂には私どもが勝利を
完全に得ることができるようにしてくださるのです

(ハイデルベルク信仰問答:問い127)     
〔「天水桶の深みにて」R.ボーレン著 加藤常昭訳 日本キリスト教団出版局〕


「私たちを試みにあわせてないで悪からお救いください。」
イエス様が弟子たちに教えてくださった祈りです。

この祈りの言葉は僕の祈りを助けてくれます。
祈りの言葉を知らない僕に祈りの言葉を与えてくれるからです。
口真似して祈るところから始めます。
すると神様が祈りの言葉を僕の内側から
引きだしてくださるかのような体験をしばしばします。
この祈りの言葉が呼び水となって
僕のこころにある思いを言葉にしてくれるのです。
| sasshi-n | スモールバイブルクラス | 18:56 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
教会についての学びです。
聖書の学びです。
今日から始まる学びの時間です。

教会について学ぶ予定。
祝福がありますように。
| sasshi-n | スモールバイブルクラス | 16:59 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
「天水桶の深みにて」を読み、 分かち合いの時をもっています。
聖書の学びです。
この時間は「天水桶の深みにて」*を読み、
分かち合いの時をもっています。
”重いこころの病”がキーワードの一つです。

今日から≪自伝的なことども≫という項に入ります。


*(R・ボーレン著、加藤常昭訳、日本キリスト教団出版局)
| sasshi-n | スモールバイブルクラス | 08:04 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
エジプトからの旅立ったときの出来事を読みます。
これから聖書の学びです。
この時間は今出エジプト記を読み、
分かち合いをしながら学んでいます。

いよいよ、エジプトから
イスラエルの民が旅立ちます。
| sasshi-n | スモールバイブルクラス | 11:10 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
御言葉を囲んで・・・。
聖書の学びをします。
お祈りについての学びです。

個人的な聖書の学びは
御言葉を囲み、
神様が真ん中いてくださる
よき牧会の場でもあります。
 
| sasshi-n | スモールバイブルクラス | 16:56 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>

bolg index このページの先頭へ