blog index

元気です! ながさわです!!

アッセンブリー京都教会 
牧師 長澤 聖志のblog
<< 2017年10月17日(火)の試合  | main | 2017年10月17日 >>
沈黙の音を聴く

礼拝堂に座り沈黙の音を聴ことしました。

そしてかつて書いた文章を読みました。

 

 

沈黙の音を聴く
祈りの時間が好きです。独りで祈る時間です。独り静まり、神様の語りかけを聴く・・・。神様の語りかけを受け取るのはとても嬉しいことです。祈りために礼拝堂に座ります。祈り始めます。でも浮かんでくるのは思い煩いばかり、そんな時があります。頭の中がいっぱいになっている証拠です。しなければならないこと、解決していない問題、自分の計画、メッセージの準備、自分が固執している聖書の言葉・・・。頭の中だけではありません。心の中もいろいろなものでいっぱいです。焦り、憤り、怒り、罪責感、いらだち、憎しみすらも・・。心に感じる感情がむき出しだとやがて祈るのが苦しくなります。そんなとき「沈黙の音」を聴きます。沈黙して聞こえてくる音に耳を傾けるのです。すると今まで聞こえてこなかった音が聞こえてきます。花屋町通りを通る車の音、鳥のさえずり、猫の鳴き声、日光によってぬくもった温度差で生じる建物のきしむ音。信号機の誘導音。ずっと聞こえていたはずなのに聞こえなかった音。聞く耳を持たないと聞こえない音がたくさんあることに気づきます。自分が聞く耳を持っていないかったかがわかります。しばらく沈黙の音を聴いていると霊的な声、神様の語りかけに耳を傾けることができるようになります。「お話しください。しもべは聞いております。」(汽汽爛┘3:10)。少年サムエルが神様の語りかけに耳を傾けたように。そして祈りが変えられていきます。自分の頭の中でこねくり回す祈りから、自分の経験に頼った祈りから、自己中心の祈りから・・・。何か狭い所から広いところに出て大きく息を吸わせていただいたような感じです。祈りは聖霊に導かれて祈る祈りに変えられていきます。導き手のある祈りです。独りの祈りは聖霊の導きのある祈りでもあるのです。思い起こさせていただく御言葉によって心が暖かくなるようです。エマオの途上で復活のキリストに出会ったあの二人の弟子のように・・・「道々お話しになっている間も、聖書を説明してくださった間も、私たちの心はうちに燃えていたではないか」(ルカ24:32)。自分の体験したことが信仰の経験へと変えられていきます。御言葉に基づいた祈りの言葉があふれてきます。そして御心がなりますようにとの祈りへと。また祈りの中で聖霊はキリストのからだの真ん中に僕を連れて行ってくださいます。祈りは教会のために祈るように導かれ、兄弟姉妹を覚えて祈る、兄弟姉妹と共に祈る祈りへと広げられていきます。兄弟姉妹、隣人に守りと祝福がありますようにと。独りの祈りは孤独から僕を引き出し共同体の中へ導いてくれます。祈りの恵みを味あわさせていただきました。これからも聖霊によって祈る尽きることのない恵みを体験させていただきたいとと思っています。皆さんの日々の祈りが祝福されますように。

 

 

主の語りかけを聴くことができますように。
 

| sasshi-n | デボーション | 21:56 | comments(3) | trackbacks(0) | - | - |
コメント

長澤先生 静思の時間とブログで書かれてましたね… 私の教会では言われません。
聖書の祈りが私の祈りになる の本を読み1日一時間の祈りについて書かれていました。

どんなにかわいい犬も祈りません 祈るのは人間だけです。神が人間を造り人間に神を思い出すようにと与えられた人間のみの特権です

先生は精神力も強い方です。野球をやられていて弱い精神ではできません。

先生でも心の中には憎しみもおありでしょう? 苦しみも後悔も それを清めてくれるのが神さまとの対話 祈りなのかも知れません

| シェルティ大好き | 2017/10/18 12:01 PM |
シェルティ大好きさん。<苦しみも後悔も それを清めてくれるのが神さまとの対話・・・>そうですね。神様のとの対話、神様がお取り扱いくださるそんな祈りの時を大切にしたいと思います。ありがとうございます。
| ながさわ | 2017/10/18 4:58 PM |
 
 夜分遅く もう一度気になって読み返していました。
 
 祈りの足りない私には深くはわからないです 祈りの
 深い方しかわからないでしょう。 印刷しようと思いましたが自分で書き写し ほかの方にお見せしたく思います。
 今から祈ってみよう。 神様から与えられた祈る特権を
 自分の心の汚さに向かうことに使ってみよう。自分以外の方のためにも祈ってみよう 
| シェルテイ大好き | 2017/10/18 11:22 PM |
コメントする


この記事のトラックバックURL
http://sasshi-n.ag-kyoto.com/trackback/952721
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>

bolg index このページの先頭へ