blog index

元気です! ながさわです!!

アッセンブリー京都教会 
牧師 長澤 聖志のblog
<< 2017年11月07日 | main | 2017年11月08日 >>
まず地の低い所に下られた

そこで、こう言われています。「高い所に上られたとき、彼は多くの捕虜を引き連れ、人々に賜物を分け与えられた。」――この「上られた。」ということばは、彼がまず地の低い所に下られた、ということでなくて何でしょう。4:10 この下られた方自身が、すべてのものを満たすために、もろもろの天よりも高く上られた方なのです。――(エペソ人への手紙4:8-10)

 

下られた方がもろもろの天よりも高く上げられた方でもある。

まず低い所に下られた方が高い所に上られたのだ。

 

低い所に下る。

僕たちは高くのぼることに目を向け、

高くのぼることに心砕くのではないだろうか。

 

心にもつ価値観が低い所に下ることを拒む。

ずっとこれまで培ってきた古い価値観が。

 

でも低い所に下ることに心砕くものでありたい。

キリストが低い所に下られたように。

 

主よ、僕に謙遜を学ばせてください。

僕には勝つことへのこだわりと同時に、

負けることを忌み嫌う心があるのです。

 

主よ。あなたが哀れんでくださり、

僕の心を素直な心へとつくりかえて

くださいますように。

 

 

(日々のみことば 2017年11月8日 エペソ人への手紙4:4-16 

                                          引用 新日本聖書刊行会 新改訳聖書)

| sasshi-n | デボーション | 23:11 | comments(2) | trackbacks(0) | - | - |
コメント
 
 聖書以外みんな低くなったら世間様は(因果応報)(自分が暗いから運が悪い)本当に負けた人に冷たい。宗教もそうでしょ??負けないために○○を何時間 良い方向になりたいからオーラの低い人と付き合わない これとっても冷たいと思います。 こんなこと言われるから世間に自分のマイナスを言いたくなくなる。低くなることはマイナスだから 

 イエス様だけは低くなられ謙虚を愛され弱い人たちを憐れまれました。

 勇ちゃんの記事の中でとっても心が打たれた記事
 なぜ??どうして??つらいことを偶然の出来事にしたら
 こう思ってしまい心が葛藤し前に進めなくなります

 神様のご計画と思ったら苦しみのうちに意味を見出して希望を持って歩める という内容を書かれてみえました
 なんだかああそうなのか・・・と心が軽くなりました。
 先生のブログが一人でも多くの方のともしびになりますように 私はこのブログで支えられてます 
| シェルテイ大好き | 2017/11/09 10:58 PM |
シェルティ大好きさん。このブログに目を留めてくださりありがとうございます。いただくコメントで多くのことを教えら恵みをいただいています。ありがとうございます。
| ながさわ | 2017/11/11 8:43 AM |
コメントする


この記事のトラックバックURL
http://sasshi-n.ag-kyoto.com/trackback/952766
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>

bolg index このページの先頭へ