blog index

元気です! ながさわです!!

アッセンブリー京都教会 
牧師 長澤 聖志のblog
<< 2017年11月13日 | main | 2017年11月14日 >>
キリストが教会を愛し、教会のためにご自身をささげられたように

妻たちよ。あなたがたは、主に従うように、自分の夫に従いなさい。なぜなら、キリストは教会のかしらであって、ご自身がそのからだの救い主であられるように、夫は妻のかしらであるからです。教会がキリストに従うように、妻も、すべてのことにおいて、夫に従うべきです。夫たちよ。キリストが教会を愛し、教会のためにご自身をささげられたように、あなたがたも、自分の妻を愛しなさい。(エペソ人への手紙 5:22-25)

 

仕えること、愛すること。

この二つは表と裏のようなかかわりで

切っても切り離せないものかもしれない。

そして行うのは簡単ではない。

 

仕える、

教会がキリストに従うように。

 

愛する、

キリストが教会を愛し、

教会のためにご自身を

ささげられたように。

 

教会との関係の中に

キリストはこの奇跡を行われた。

 

僕たちの結婚関係の中にも、

僕たちの人間関係の中にも、

主の奇跡の力が、

主の支えてくださる力が

今日も豊かにあらわされますように。

そして仕え、愛するという生き方が

僕の内側からあらわされる奇跡を

見ることができますように。

 

 

 

(日々のみことば 2017年11月14日 エペソ人への手紙5:22-33                                            引用 新日本聖書刊行会 新改訳聖書)

| sasshi-n | デボーション | 07:47 | comments(1) | trackbacks(0) | - | - |
コメント

長澤先生 耳の痛いみことばですね… 夫が命がけで妻を愛し守ってくれるから妻は夫に従えます。

クリスチャン女性は忍耐強い人が多く頭が下がります。 働き者で気だてがよく優しくて

クリスチャン男性は女性を命がけで守ってますかね?疑問!
私は従えない悪妻なので(笑)

そこはかとなく感じる教会の男尊女卑感
女性も教会運営に積極的に意見を述べ積極的に司会をしたらと私は思います 先生の教会は女性が司会をされてみえますね。よい教会だと思います。 女性がイキイキしていたらそこは幸せな場所です。女性を泣かせたらいけません。

| シェルティ大好き | 2017/11/15 4:04 PM |
コメントする


この記事のトラックバックURL
http://sasshi-n.ag-kyoto.com/trackback/952780
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>

bolg index このページの先頭へ