blog index

元気です! ながさわです!!

アッセンブリー京都教会 
牧師 長澤 聖志のblog
<< 2017年11月14日 | main | やわらかき心を >>
主は人を差別されることがないことを知っているのですから。

奴隷たちよ。あなたがたは、キリストに従うように、恐れおののいて真心から地上の主人に従いなさい。人のごきげんとりのような、うわべだけの仕え方でなく、キリストのしもべとして、心から神のみこころを行ない、人にではなく、主に仕えるように、善意をもって仕えなさい。良いことを行なえば、奴隷であっても自由人であっても、それぞれその報いを主から受けることをあなたがたは知っています。主人たちよ。あなたがたも、奴隷に対して同じようにふるまいなさい。おどすことはやめなさい。あなたがたは、彼らとあなたがたとの主が天におられ、主は人を差別されることがないことを知っているのですから。(エペソ人への手紙6:5-9)

 

 

奴隷と主人。

両者にはこの世にあって社会的地位に

大きな隔たりがある。

しかし主を信じる者は同じ立場にある。

 

奴隷であろうが主人であろうが

共に自由人であり、キリストの奴隷である。

 

奴隷であろうが主人であろうが

この世にあっての行いに対して

終わりの日に主からの報いを受ける。

 

そして奴隷であろうが主人であろうが

差別されることのないお方が主なのである。

 

この世の肩書きや地位は確かに

この世にあって影響を与える。

 

しかし違う枠組みがあることを

忘れないで歩みたいと思う。

 

主よ、

願わくはキリストのしもべとして

歩み続けることができますように。

 

 

(日々のみことば 2017年11月15日 エペソ人への手紙6:1-9

              引用 新日本聖書刊行会 新改訳聖書)

| sasshi-n | デボーション | 22:07 | comments(2) | trackbacks(0) | - | - |
コメント
現実に主人と奴隷なら主人になりたいです。でも主人になったら神さまを信じないでしょう?

現実が幸せいっぱいなら人はまず神さまを求めません。
またこの幸せを維持しまたもっと幸せにと聖書以外に求めると思います。

スピリチュアルは普通の主婦の間にも浸透しています。スピリチュアルなら怖くないと若者にもじわじわ浸透しています。

私たちを造り変えてくださるのはイエスさまのみ この確信を持って今日も1日歩めますように
| シェルティ大好き | 2017/11/16 7:38 AM |
シェルティ大好きさん。<私たちを造り変えてくださるのはイエスさまのみ この確信を持って今日も1日歩めますように>その通りです!!僕もこの確信をもって歩みたいです。この確信をもって歩めますように。
| ながさわ | 2017/11/16 8:25 AM |
コメントする


この記事のトラックバックURL
http://sasshi-n.ag-kyoto.com/trackback/952782
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>

bolg index このページの先頭へ