blog index

元気です! ながさわです!!

アッセンブリー京都教会 
牧師 長澤 聖志のblog
<< 2018年02月18日 | main | 2018年02月19日 >>
これが二年の間続いたので

それから、パウロは会堂にはいって、三か月の間大胆に語り、神の国について論じて、彼らを説得しようと努めた。しかし、ある者たちが心をかたくなにして聞き入れず、会衆の前で、この道をののしったので、パウロは彼らから身を引き、弟子たちをも退かせて、毎日ツラノの講堂で論じた。これが二年の間続いたので、アジヤに住む者はみな、ユダヤ人もギリシヤ人も主のことばを聞いた。(使徒の働き 19:8-10)

 

 

 

アジヤに住む者はみな、ユダヤ人もギリシヤ人も主のことばを聞いた。とある。

主のことばを宣べ伝える者にとって

その地域に住む者みなに伝えることができたなら

これは大きな役割を果たしたことになる。

 

「これが二年の間続いたので」

短い一文だけど

この期間に色々なことがあったことと思う。

続けることは簡単ではない。

地道に誠実に続けることの大切さを思う。

 

(日々のみことば 2018年2月16日 使徒の働き19:8-20

                                          引用 新日本聖書刊行会 新改訳聖書)

| sasshi-n | デボーション | 20:39 | comments(1) | trackbacks(0) | - | - |
コメント

メッセージ配信感謝します お祈りで私たちのとらわれを自由にして下さい と祈られました 本当にとらわれから自由にしてもらいたい

クリスチャンも縛りで生きてるのではないでしょうか?

聖霊に満ち溢れたメッセージでした

心に響くメッセージは毎日誠実に生きまた人を優しく見ているか 賢く生きているか 本当に毎日の生き方がメッセージに現れますね〜

心励まされました ありがとうございます

| シェルティ大好き | 2018/02/19 11:16 PM |
コメントする


この記事のトラックバックURL
http://sasshi-n.ag-kyoto.com/trackback/952922
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< June 2018 >>

bolg index このページの先頭へ