blog index

元気です! ながさわです!!

アッセンブリー京都教会 
牧師 長澤 聖志のblog
<< 2018年05月26日 | main | 2018年05月28日 >>
このイエス・キリストはすべての人の主です。

ただし、反すうするだけか、あるいは、ひづめが分かれただけの動物は食べてはならない。らくだ、野兎、岩狸。これらは反すうするが、ひづめが分かれていないから汚れたものである。いのしし。これはひづめが分かれているが、反すうしないから汚れたものである。これらの動物の肉を食べてはならない。死骸に触れてはならない。水中の魚類のうち、ひれ、うろこのあるものはすべて食べてよい。しかしひれやうろこのないものは、一切食べてはならない。それは汚れたものである。清い鳥はすべて食べてよい。しかし、次の鳥は食べてはならない。禿鷲、ひげ鷲、黒禿鷲、赤鳶、隼、鳶の類、烏の類、鷲みみずく、小みみずく、虎ふずく、鷹の類、森ふくろう、大このはずく、小きんめふくろう、このはずく、みさご、魚みみずく、こうのとり、青鷺の類、やつがしら鳥、こうもり。羽のある昆虫はすべて汚れたものであり、食べてはならない。 (申命記14:7-19)

 

使徒の働き10章に記されている出来事を

思い起こす。

 

ペテロは夢ごこちになり幻を見る。

 

天が開き

食べてはならないと

命じられている動物が

四隅をつらされた敷布にのって

おりてくる光景を。

 

ほふって食べよとの言葉に

「主よ。それはできません」と答えるペテロ。

 

そんなペテロに神様は語りかけられた。

「神がきよめた物を、清く言ってはならない。」と。

 

このイエス・キリストはすべての人の主です、

というみことばを思い出す。

 

 

すべての主であるイエス様を仰ぎ見て

今日も歩むことができますように。

 

 

(参考:日々のみことば 2018年5月28日 申命記14:1-21

                    引用 日本聖書協会 新共同訳聖書)

| sasshi-n | デボーション | 07:48 | comments(1) | trackbacks(0) | - | - |
コメント

イエスさまは私たちを迷信から解放してくださいます。 クリスチャンの中にもかたくなな律法学者がいますね。かたくなな方は人の自然の気持ちを封印させます。 そんなかたくっるしい神様でしょうか? 神様にみこころを行うは行為だけでなく人それぞれの心の動きで違うと思います。

イエスさまが怒られたのは偽善者のみと先生の教会のメッセージで聞きました。なぜか心が軽くなり先生の教会のメッセージ配信がたくさん用いられますように! 気持ちが楽になる人が増えます。
| シェルティ大好き | 2018/05/28 12:21 PM |
コメントする


この記事のトラックバックURL
http://sasshi-n.ag-kyoto.com/trackback/953104
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< August 2018 >>

bolg index このページの先頭へ