blog index

元気です! ながさわです!!

アッセンブリー京都教会 
牧師 長澤 聖志のblog
<< 2018年06月09日 | main | 2018年06月11日 >>
一年間は自分の家のためにすべてを免除される。

 

人が新妻をめとったならば、兵役に服さず、いかなる公務も課せられず、一年間は自分の家のためにすべてを免除される。(申命記24:5-6)

 

新婚の一年間は兵役および公務が

免除されることが記されいてる。

 

結婚が大切にされていること、

自分の家の事柄が重んじられていることがわかる。

 

結婚生活、自分の家の事柄は

時に公のことと比較して

個人的なこととして軽んじられかねない。

しかし神様は決して個人的として

軽んじられてはいないのだと思う。

 

また戦いへの出兵、公務が特別なことに対して

家庭生活は平凡なこととして

時に軽んじられてしまうことがあるように思う。

しかし、神様は平凡と思いがちな

日々の営みを大切にして歩むことを

願っておられるのではないかと思う。

 

 

神様、

特別なことにだけ目を向けるのではなく

平凡なことに目をとめ

平凡なことを誠実に大切にして

歩むことができますように。

 

(参考:日々のみことば 2018年6月11日 申命記23:19-24:9

                    引用 日本聖書協会 新共同訳聖書)

| sasshi-n | デボーション | 20:40 | comments(3) | trackbacks(0) | - | - |
コメント

読み飛ばしてしまいそうな箇所ですがとても大きいことですね! 何千年前のお話でしょうか?神様の配慮の深さに感動します。 そこに目を留められた先生の聡明さにびっくりします。みことばを隅々まで読むと新しい発見が見つかり神様の私たちへの愛情が伝わります。

基本的人権がキリスト教以外では考えつかない権利だと思います。人権思想 今世界も社会も家庭でもないがしろにされている気がします。

先生の一週間のお働きをお祈りいたします。


| シェルティ大好き | 2018/06/11 9:24 PM |

たびたびの投稿すみません。日曜日の出エジプト記のメッセージ なぜ偶像礼拝が罪なのか よくわかりました 私も神は造れません 造れる人は非凡です 非凡な人間は必ず自分の利益のための神を作ります
なあるほど と納得しやはり知らないことを知ることは喜びです。メッセージ配信ありがとうございました
| シェルティ大好き | 2018/06/13 9:15 PM |
シェルティ大好きさん
メッセージを聞いてくださりありがとうございます。
またコメントもしていただき嬉しいです。

「・・・自分の利益のための神を作る」
まさに僕たち人間の姿だと思います。
| ながさわ | 2018/06/13 9:28 PM |
コメントする


この記事のトラックバックURL
http://sasshi-n.ag-kyoto.com/trackback/953121
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< August 2018 >>

bolg index このページの先頭へ