blog index

元気です! ながさわです!!

アッセンブリー京都教会 
牧師 長澤 聖志のblog
<< 2018年06月22日 | main | 2018年06月27日 >>
あなたはそれゆえ、わたしがイスラエルの人々に与える土地をはるかに望み見るが、そこに入ることはできない。

その同じ日に、主はモーセに仰せになった。 「エリコの向かいにあるモアブ領のアバリム山地のネボ山に登り、わたしがイスラエルの人々に所有地として与えるカナンの土地を見渡しなさい。あなたは登って行くその山で死に、先祖の列に加えられる。兄弟アロンがホル山で死に、先祖の列に加えられたように。あなたたちは、ツィンの荒れ野にあるカデシュのメリバの泉で、イスラエルの人々の中でわたしに背き、イスラエルの人々の間でわたしの聖なることを示さなかったからである。あなたはそれゆえ、わたしがイスラエルの人々に与える土地をはるかに望み見るが、そこに入ることはできない。」(申命記32:48-52)

 

ネボ山に登れ

見渡せ。

あなたは先祖の列に加えられる

あなたはそこに入ることはできない。

 

イスラエルの民を導いたモーセに神様が語られた言葉である。

人は人生の最後にどのような語りかけを受けるのだろうか。

モーセは神から語りかけを受け、自分の死について教えられる。

 

約束の地に入ることはできなかったが

彼は多くの民を導き、

人々が約束の地に入るために大きな働きをした。

 

彼は自分のなすべきをことをなし、

自分のなせなかったものを

次世代に託し、希望を持って最期を

迎えることができたのではないだろうか。

 

彼は尊い働きをしたのだと思う。

そして彼は先祖の列に加えられた。

約束の民としての先祖の列に

加えられた。

 

天の故郷への憧れをもって。

 

 

神様、

自分の人生がたとえめざすゴールへと

たどり着くことができなかったとしても

願わくはその歩みが誰かの助けになる、

そんな人生としてくださいますように。

 

 

(参考:日々のみことば 2018年6月27日 申命記32:34-52

                    引用 日本聖書協会 新共同訳聖書)

| sasshi-n | デボーション | 07:23 | comments(1) | trackbacks(0) | - | - |
コメント

柔和な人 モーセの神様への従順さは出エジプトより最期に現れている気がします。普通ならこんなに困難を克服しみんなを導いたんだから一番に約束の地にと言うでしょう?

モーセの信仰の素晴らしさは最期にこそあるように思います。

次世代に望みをかける信仰 生き方ができるよう祈りたいものです。
| シェルティ大好き | 2018/06/27 11:18 PM |
コメントする


この記事のトラックバックURL
http://sasshi-n.ag-kyoto.com/trackback/953131
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>

bolg index このページの先頭へ