blog index

元気です! ながさわです!!

アッセンブリー京都教会 
牧師 長澤 聖志のblog
<< 2018年07月10日 | main | 2018年07月16日 >>
主の慈しみに生きる人の死は主の目に価高い。

12主はわたしに報いてくださった。わたしはどのように答えようか。 13救いの杯を上げて主の御名を呼び 14満願の献げ物を主にささげよう/主の民すべての見守る前で。 15主の慈しみに生きる人の死は主の目に価高い。 16どうか主よ、わたしの縄目を解いてください。わたしはあなたの僕。わたしはあなたの僕、母もあなたに仕える者。 17あなたに感謝のいけにえをささげよう/主の御名を呼び 18主に満願の献げ物をささげよう/主の民すべての見守る前で 19主の家の庭で、エルサレムのただ中で。ハレルヤ。(詩篇116:12-19

 

<主の慈しみに生きる人の死は主の目に価高い。 >

 

主の前に功績を残したものではなく、

主の前に貢献をなしたものでもなく、

主の慈しみに生きるもの死は

主の目に値高いとここで詩人は歌う。

 

死と隣り合わせにいるような

危機的な状況の中にいる詩人を伺い知ることができる。

 

功績を誇ることも

貢献することに意欲を燃やすこともできないような状況、

そのような中で詩人は

主の慈しみに生きる人の死は主の目に価高い。とうたう。

 

主の慈しみ。

死を意識しながら神様を仰ぎ見た詩人の心に湧き上がってきたのは

主の慈しみであったのかもしれない。

 

神様、

主の憐れみと慈しみにより頼み、

今日を歩むことができますように。

 

参考:日々のみことば 2018年7月16日 詩篇116:12-117:2

                    引用 日本聖書協会 新共同訳聖書)

| sasshi-n | デボーション | 09:45 | comments(1) | trackbacks(0) | - | - |
コメント
先生 いこわせてくださる神様のメッセージも良かったです。昨晩聞いてました。
疲れた身体心をただ神様は憐れみ休ませてくださる 先生ほど人の苦しみを憐れむ牧師は少ないでしょう? 共に泣き共に喜ぶ イエスさまが共に泣き共に喜んでくださる なんという恵みでしょうか?

動けなくなった時初めて人は主よ 哀れんでくださいと心から祈るでしょう? いこわせてくださる神様を信頼して

こども祭りにたくさんなお友だちが集まりますように

| シェルティ大好き | 2018/07/16 4:50 PM |
コメントする


この記事のトラックバックURL
http://sasshi-n.ag-kyoto.com/trackback/953154
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< October 2018 >>

bolg index このページの先頭へ