blog index

元気です! ながさわです!!

アッセンブリー京都教会 
牧師 長澤 聖志のblog
<< 2018年07月24日 | main | 2018年07月25日 >>
「どうしてこれを百人の人々に分け与えることができるでしょうか」

42一人の男がバアル・シャリシャから初物のパン、大麦パン二十個と新しい穀物を袋に入れて神の人のもとに持って来た。神の人は、「人々に与えて食べさせなさい」と命じたが、 43召し使いは、「どうしてこれを百人の人々に分け与えることができましょう」と答えた。エリシャは再び命じた。「人々に与えて食べさせなさい。主は言われる。『彼らは食べきれずに残す。』」 44召し使いがそれを配ったところ、主の言葉のとおり彼らは食べきれずに残した。(第2列王記4:42-44)

 

飢饉に見舞われていた地(38節)での出来事が記される。

その一つが「どうしてこれを百人の人々に分け与えることができるでしょうか」と

召使いが語るほどの足りない食物で食べてなお残すほどに満たされた出来事である。

 

神様の備えとご配慮を思う。

五つのパンと二匹の魚で五千人もの人々が満腹した出来事を思い起こす。

五つのパンと二匹の魚を祝福して分け与えられたイエス様を。

 

イエス様の教えてくださった祈り、

日毎の糧を今日もお与えください。

 

主が私たちの今日の必要を

満たしてくださいますように。

 

 

参考:日々のみことば 2018年7月25日 第2列王記4:38-44

                    引用 日本聖書協会 新共同訳聖書)

| sasshi-n | デボーション | 06:39 | comments(1) | trackbacks(0) | - | - |
コメント
当時の民は神様やイエスさまの奇跡を実体験しても信じられないんですね 私たち特に日本人が信じられないのは当然だと思います。 日本人はしるしと理論がなければ信じないと先生の教会のメッセージで語られてました。
イエスさまの奇跡を見て信じない人が多い なぜか自分の理性を優先するからとも語られてみえました。 自分に決定権を与えている私たち

でも神様は私たちの日毎の糧を与えてくださっています!!私たちの力ではなく神様の恵みです。と思える信仰を与えてくださいますように

そら豆さんの体調が守られますように!
| シェルティ大好き | 2018/07/25 10:27 AM |
コメントする


この記事のトラックバックURL
http://sasshi-n.ag-kyoto.com/trackback/953163
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< October 2018 >>

bolg index このページの先頭へ