blog index

元気です! ながさわです!!

アッセンブリー京都教会 
牧師 長澤 聖志のblog
<< 2018年07月27日 | main | 2018年07月28日 >>
すると鉄の斧が浮き上がった。

1預言者の仲間たちがエリシャに言った。「御覧のように、わたしたちがあなたと共に住んでいるこの場所は、わたしたちには狭すぎます。 2ヨルダンに行き、梁にする材木を各自一本ずつ取って来て、わたしたちの住む場所を造りましょう。」エリシャは、「行きなさい」と言った。 3一人が、「どうぞあなたもわたしたちと一緒に来てください」と頼んだので、「わたしも行こう」と言って、 4エリシャも彼らと共に行った。彼らはヨルダンに来て、木を切り出した。 5そのうちの一人が梁にする木を切り倒しているとき、鉄の斧が水の中に落ちてしまった。彼は、「ああ、御主人よ、あれは借り物なのです」と叫んだ。 6神の人は、「どこに落ちたのか」と尋ね、その場所が示されると、枝を切り取ってそこに投げた。すると鉄の斧が浮き上がった。 7「拾い上げよ」と言われて、その人は手を伸ばし、それを取った。(第2列王記6:1-7

 

 

浮き上がってきた鉄の斧。

日常の失敗をもフォローし、

助けを与えてくださる神様を知る。

 

 

バックアップしてくれる仲間がいるとき、

打球を処理する守備の選手は

飛んでくる打球に失敗を恐れず向かっていける。

 

 

僕の日々の歩みの中で

バックアップしてくださる神様がいてくださる

僕の背後で守ってくださるお方がいらっしゃる、

 

それは素晴らしいことだと思う。

 

あなたの守りと導きを信じて

今日を歩むことができますように。

 

 

聖書箇所:第2列王記6:1-14(日々のみことば) 2018年7月28日(土)

| sasshi-n | デボーション | 07:50 | comments(2) | trackbacks(0) | - | - |
コメント

鉄の斧が湖に落ちは童話になってますね‥正直者に神さまは報いたお話

毎日の平凡な営みにも危険があり悲しみがあり喜びがあり バッグアップしてくださる神さまを思うとありがとうございますと自然に言葉が出ます。

野球もなかなか悲しいですが選手の皆さんの健康祈ります

台風ですね 明日の皆さんの足元が守られますように

ともにいてくださる神さま ありがとうございます。
| シェルティ大好き | 2018/07/28 2:19 PM |
長澤先生 昨晩モーセのメッセージを聴き二回目です

モーセの気持ちが少し実感できました モーセは顔と顔とを合わせて選び出されたたった一人の預言者です モーセは神さまを心から愛し信じ畏れたでしょう モーセは従容と死んだのは愛する神さまの計画だったから 私たちは尊敬する人でも身近にいたら嫌な面も見えます 神さまだけは身近にいても愛せる方です

長澤先生は心から神さまを愛してみえるなあとよく伝わったメッセージでした。
私は神さまを愛してるのかな?と考えさせられました

先生の一週間のお働きを心からお祈りしています
| シェルティ大好き | 2018/07/30 3:00 PM |
コメントする


この記事のトラックバックURL
http://sasshi-n.ag-kyoto.com/trackback/953167
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< October 2018 >>

bolg index このページの先頭へ