blog index

元気です! ながさわです!!

アッセンブリー京都教会 
牧師 長澤 聖志のblog
<< 2018年08月21日 | main | 8月22日(水)の試合 >>
わたしはあなたの祈を聞き、あなたの涙を見た。

1そのころ、ヒゼキヤは病気になって死にかかっていた。アモツの子預言者イザヤは彼のところにきて言った、「主はこう仰せられます、『家の人に遺言をなさい。あなたは死にます。生きながらえることはできません』」。 2そこでヒゼキヤは顔を壁に向けて主に祈って言った、 3「ああ主よ、わたしが真実を真心をもってあなたの前に歩み、あなたの目にかなうことをおこなったのをどうぞ思い起してください」。そしてヒゼキヤは激しく泣いた。 4イザヤがまだ中庭を出ないうちに主の言葉が彼に臨んだ、 5「引き返して、わたしの民の君ヒゼキヤに言いなさい、『あなたの父ダビデの神、主はこう仰せられる、わたしはあなたの祈を聞き、あなたの涙を見た。見よ、わたしはあなたをいやす。三日目にはあなたは主の宮に上るであろう。 6かつ、わたしはあなたのよわいを十五年増す。わたしはあなたと、この町とをアッスリヤの王の手から救い、わたしの名のため、またわたしのしもべダビデのためにこの町を守るであろう』」。 (第2列王記20:1-6

 

 

 

<わたしはあなたの祈を聞き、あなたの涙を見た。>と

主はヒゼキヤに語られた。

 

<わたしはあなたの祈りを聞いた。>

祈る者にとって神様からのこのお言葉はきくことは

なんと幸いなことだろうか。

 

神様は私たちの祈りを聞いておられるお方であり、

私たちの流す涙を取り上げてくださるお方なのだ。

 

主よ、僕を祈る者としてください。

 

(参考:聖書箇所:第2列王記20:1-11)

| sasshi-n | デボーション | 07:49 | comments(1) | trackbacks(0) | - | - |
コメント
ハレルヤ! 今日はゆうちゃんのお誕生日ですね! ゆうちゃんの入院中の先生ご夫妻の信仰深さに感銘を受け救われた方が見えたと伺いました。

激しく泣いた 一国の王様が激しく泣く
どれほどの悲しみでしょうか?

激しく泣く 悲惨な状態からも神様を忘れず祈る人たちを神様は目に留めて祈りを聞いてくださる なんと言う恵みでしょうか?

激しく泣くほどの苦しみでもない私が今日も神様を信頼して祈れますように

| シェルティ大好き | 2018/08/23 8:04 AM |
コメントする


この記事のトラックバックURL
http://sasshi-n.ag-kyoto.com/trackback/953178
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< September 2018 >>

bolg index このページの先頭へ