blog index

元気です! ながさわです!!

アッセンブリー京都教会 
牧師 長澤 聖志のblog
<< 2018年11月12日 | main | 2018年11月13日 >>
あなたがわたしに寄り頼んだからであると主は言われる

 15エレミヤが監視の庭に閉じこめられていた時、主の言葉が彼に臨んだ、 16「行って、エチオピヤびとエベデメレクに告げなさい、『万軍の主、イスラエルの神はこう言われる、わたしの言った災をわたしはこの町に下す、幸をこれに下すのではない。その日、この事があなたの目の前で成就する。 17主は言われる、その日わたしはあなたを救う。あなたは自分の恐れている人々の手に渡されることはない。 18わたしが必ずあなたを救い、つるぎに倒れることのないようにするからである。あなたの命はあなたのぶんどり物となる。あなたがわたしに寄り頼んだからであると主は言われる』」。(エレミヤ書39:15-18

 

<あなたがわたしに寄り頼んだからであると主は言われる>

 

主に依り頼むということは

大きな力であることを知る。

大変な災いからの救いがもたらせる。

 

 

何に依り頼むのか、

誰に依り頼むのか、

 

わたしに依り頼めと

神様は私たちを

ご自身のみもとへと招かれる

 

そして、

主に依り頼むとは

どういうことなのか、

主のみ前で祈る。

 

 

神様、

あなたに依り頼むことを

教えてください。

あなたの前にひざをかがめ祈ります。

あなたに依り頼むことを

教えてください。

 

(参考:日々のみことば 2018年11月13日 エレミヤ書39:1-18

                    引用 日本聖書協会 新共同訳聖書

 

| sasshi-n | デボーション | 07:48 | comments(2) | trackbacks(0) | - | - |
コメント

主により頼む よくクリスチャンは言われます。具体的に私にはわかりません。

困難な時虚しい時祈れません。

今先生の詩編127のメッセージを聞いています。

主により頼む人は苦難の時も希望を失わず他者を愛する人
より頼めない人は虚しさしか残りません。


素晴らしい詩編127のメッセージ

先生のメッセージの中で希望と言う言葉がたくさん出てきます。希望を求めて私たちは主のみをより頼みたいと祈ります

| シェルティ大好き | 2018/11/13 5:19 PM |
シェルティ大好きさん。
コメント、ありがとうございます。
喪失や打ち砕かれる体験をしたあとに与えられる希望、
失望や絶望を味わっている中で見出す希望は、

豊かさとどこか根強い力を持った希望のように思います。
そのような希望をたくさん与えられたいです。




| ながさわ | 2018/11/13 5:26 PM |
コメントする


この記事のトラックバックURL
http://sasshi-n.ag-kyoto.com/trackback/953222
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< December 2018 >>

bolg index このページの先頭へ