blog index

元気です! ながさわです!!

アッセンブリー京都教会 
牧師 長澤 聖志のblog
<< 2018年11月19日 | main | 2018年11月20日 >>
『ふたたび建てられる』

 

26わたしは、わがしもべの言葉を遂げさせ、わが使の計りごとを成らせ、エルサレムについては、『これは民の住む所となる』と言い、ユダのもろもろの町については、『ふたたび建てられる、わたしはその荒れ跡を興そう』と言い、 27また淵については、『かわけ、わたしはあなたのもろもろの川を干す』と言い、 28またクロスについては、『彼はわが牧者、わが目的をことごとくなし遂げる』と言い、エルサレムについては、『ふたたび建てられる』と言い、神殿については、『あなたの基がすえられる』と言う」。(エレミヤ書44:26-28

 

『これは民の住む所となる』

『ふたたび建てられる、わたしはその荒れ跡を興そう』

『ふたたび建てられる』

『あなたの基がすえられる』

 

神様の約束の言葉が語られる。

滅び、破壊、喪失、破滅を体験した者を

今を生きるために支えてくれる

約束のことばではないのではないか。

 

また主は語られる

21ヤコブよ、イスラエルよ、これらの事を心にとめよ。あなたはわがしもべだから。わたしはあなたを造った、あなたはわがしもべだ。イスラエルよ、わたしはあなたを忘れない。 22わたしはあなたのとがを雲のように吹き払い、あなたの罪を霧のように消した。わたしに立ち返れ、わたしはあなたをあがなったから。 (エレミヤ書44:21-22

 

<これらの事を心にとめよ>と

主は語られる。

 

わたしはあなたを忘れない

わたしはあなたの罪を霧のように消した

わたしはあなたをあがなった。

 

滅び、破壊、喪失、破滅を体験する時、

私たちは何を心にとめるだろうか。

 

先のことに心を煩わし

昔のことに思いが残るのではないか。

しかし、主は

神様がわたしたちのことを忘れられない方であり

わたしたちの罪を消してくださった方であり。

わたしたちをあがなってくださった方であることに

心をとめよと語られる。

 

あなたの約束のことばと

あなたのなしてくださったことを

心に留めて歩むことができますように。

 

(参考:日々のみことば 2018年11月20日 エレミヤ書44:15-30

                    引用 日本聖書協会 新共同訳聖書)

   

| sasshi-n | デボーション | 08:36 | comments(2) | trackbacks(0) | - | - |
コメント
先生 今娘とクロスライブ2014の動画を拝見していました。 皆さん元気がいいですね… 先生も迫力あるメッセージでした。最後はマートン選手のイエスさまは希望です 希望のない信仰は律法であり枯渇していきます イエスさまの十字架の贖いから生まれる希望
寂しくなったらこの動画見ます!!

| シェルティ大好き | 2018/11/20 8:24 PM |
シェルティ大好きさん。
動画ですか、なんか恥ずかしいです。

あのときのマートン選手の動画、
盛り上がりましたよ。


| ながさわ | 2018/11/20 9:59 PM |
コメントする


この記事のトラックバックURL
http://sasshi-n.ag-kyoto.com/trackback/953235
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< December 2018 >>

bolg index このページの先頭へ