blog index

元気です! ながさわです!!

アッセンブリー京都教会 
牧師 長澤 聖志のblog
2018年11月14日
23:23
紅葉の季節・・・ https://t.co/uSr6hGRpd6 #jugem_blog
| sasshi-n | メモ | 02:20 | - | - | - | - |
紅葉の季節・・・

見かけた公園の木が

紅葉していました。

 

IMG_4941

 

 

| sasshi-n | 日常 | 23:23 | comments(1) | trackbacks(0) | - | - |
2018年11月13日
07:48
あなたがわたしに寄り頼んだからであると主は言われる https://t.co/kTBCfFwDtK #jugem_blog
| sasshi-n | メモ | 02:20 | - | - | - | - |
あなたがわたしに寄り頼んだからであると主は言われる

 15エレミヤが監視の庭に閉じこめられていた時、主の言葉が彼に臨んだ、 16「行って、エチオピヤびとエベデメレクに告げなさい、『万軍の主、イスラエルの神はこう言われる、わたしの言った災をわたしはこの町に下す、幸をこれに下すのではない。その日、この事があなたの目の前で成就する。 17主は言われる、その日わたしはあなたを救う。あなたは自分の恐れている人々の手に渡されることはない。 18わたしが必ずあなたを救い、つるぎに倒れることのないようにするからである。あなたの命はあなたのぶんどり物となる。あなたがわたしに寄り頼んだからであると主は言われる』」。(エレミヤ書39:15-18

 

<あなたがわたしに寄り頼んだからであると主は言われる>

 

主に依り頼むということは

大きな力であることを知る。

大変な災いからの救いがもたらせる。

 

 

何に依り頼むのか、

誰に依り頼むのか、

 

わたしに依り頼めと

神様は私たちを

ご自身のみもとへと招かれる

 

そして、

主に依り頼むとは

どういうことなのか、

主のみ前で祈る。

 

 

神様、

あなたに依り頼むことを

教えてください。

あなたの前にひざをかがめ祈ります。

あなたに依り頼むことを

教えてください。

 

(参考:日々のみことば 2018年11月13日 エレミヤ書39:1-18

                    引用 日本聖書協会 新共同訳聖書

 

| sasshi-n | デボーション | 07:48 | comments(2) | trackbacks(0) | - | - |
2018年11月12日
08:29
もしあなたがバビロンの王のつかさたちに降伏するならば・・・ https://t.co/w89IQN9Gjp #jugem_blog
| sasshi-n | メモ | 02:20 | - | - | - | - |
もしあなたがバビロンの王のつかさたちに降伏するならば・・・

 17そこでエレミヤはゼデキヤに言った、「万軍の神、イスラエルの神、主はこう仰せられる、もしあなたがバビロンの王のつかさたちに降伏するならば、あなたの命は助かり、またこの町は火で焼かれることなく、あなたも、あなたの家の者も生きながらえることができる。 18しかし、もしあなたが出てバビロンの王のつかさたちに降伏しないならば、この町はカルデヤびとの手に渡される。彼らは火でこれを焼く。あなたはその手をのがれることができない」。(エレミヤ書38:17-18

 

降伏するという選択を神様が示された。

そうするならば「あなたの命は助かり、

またこの町は火で焼かれることなく、

あなたも、あなたの家の者も

生きながらえることができる。」と。

 

神様の導きの複雑さを思う。

戦うこと、前進すること、打ち破ること、 

勝利すること、だけでなく、ときに

降伏すること、止まること、後退すること、

敗北を受け入れることへと導かれることがある。

 

主の語りかけを聞き、主に従う、

それこそがまことの勝利であり、

幸いなのかもしれない。

 

神様、

あなたのみ声を聞くものとしてください。

あなたのみ声に従うものとしてください。

あなたのみことばで私の行くべき道を照らし、

真理の御霊が私に悟りを与えてくださいますように。

たとえそれがこの世にあって

降伏すること、後退すること、

敗北に見えることであっても

それを受け入れる心を

あなたが与えてくださいますように。

 

(参考:日々のみことば 2018年11月12日 エレミヤ書38:14-28

                    引用 日本聖書協会 新共同訳聖書

| sasshi-n | デボーション | 08:29 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
2018年11月10日
07:16
預言者エレミヤを捕え・・・ https://t.co/HTkhtR4iZG #jugem_blog
| sasshi-n | メモ | 02:20 | - | - | - | - |
預言者エレミヤを捕え・・・

11さてカルデヤびとの軍勢がパロの軍勢の来るのを聞いてエルサレムを退いたとき、 12エレミヤは、ベニヤミンの地で民のうちに自分の分け前を受け取るため、エルサレムを立ってその地へ行こうと、 13ベニヤミンの門に着いたとき、そこにハナニヤの子セレミヤの子でイリヤという名の番兵がいて、預言者エレミヤを捕え、「あなたはカルデヤびとの側に脱走しようとしている」と言った。 14エレミヤは言った、「それはまちがいだ。わたしはカルデヤびとの側に脱走しようとしていない」。しかしイリヤは聞かず、エレミヤを捕えて、つかさたちのもとへ引いて行った。 15つかさたちは怒って、エレミヤを打ちたたき、書記ヨナタンの家の獄屋にいれた。この家が獄屋になっていたからである。(エレミヤ書37:11-15

 

獄屋に入れられたエレミヤ。

彼は多くの日をそこで過ごし、

後に王に呼ばれて王宮の監視の庭で過ごす。

 

神のことばを取り次いだ預言者エレミヤ。

彼が語った神のことばは燃やされ、

彼自身も捕らえられ、自由が奪われていく。

 

神のことばが人間にとって頑なに

拒まれるものであることを知る。

 

一方でエレミヤはみことばをこのように表現する。

 私は、「主のことばを宣べ伝えまい。もう主の名で語るまい。」と思いましたが、主のみことばは私の心のうちで、骨の中に閉じ込められて燃えさかる火のようになり、私はうちにしまっておくのに疲れて耐えられません。(エレミヤ書20:9 新改訳聖書)

 

神のことばの豊かさを知る。

 

神様、

あなたの御霊が私の頑な心を砕き、

砕かれた心であなたのみことばに

耳を傾ける者としてください。

そして、私に悟りを与え、

あなたのみ言葉の恵みに

あずからせてくださいますように。

 

(参考:日々のみことば 2018年11月10日 エレミヤ書37:11-21

                    引用 日本聖書協会 新共同訳聖書)

| sasshi-n | デボーション | 07:16 | comments(1) | trackbacks(0) | - | - |
2018年11月09日
07:58
主に身を避けることは https://t.co/MJNVW5lUVC #jugem_blog
| sasshi-n | メモ | 02:20 | - | - | - | - |
主に身を避けることは

5パロの軍勢がエジプトから出て来たので、エルサレムを攻め囲んでいたカルデヤびとはその情報を聞いてエルサレムを退いた。 6その時、主の言葉は預言者エレミヤに臨んだ、 7「イスラエルの神、主はこう言われる、あなたがたをつかわしてわたしに求めたユダの王にこう言いなさい、『あなたがたを救うために出てきたパロの軍勢はその国エジプトに帰ろうとしている。 8カルデヤびとが再び来てこの町を攻めて戦い、これを取って火で焼き滅ぼす。 9主はこう言われる、あなたがたは、「カルデヤびとはきっとわれわれを離れ去る」といって自分を欺いてはならない。彼らは去ることはない。 10たといあなたがたが自分を攻めて戦うカルデヤびとの全軍を撃ち破って、その天幕のうちに負傷者のみを残しても、彼らは立ち上がって火でこの町を焼き滅ぼす』」。(エレミヤ書37:5-10

主に身を避けることは人に信頼するよりも良い

というみことばを思い出す。

 

パロの軍勢はエルサレムを攻め囲んでいた軍勢を退かせた。

パロの力を頼ったことによる。

しかし、パロは真実に頼るべき存在ではないことを

主はこれから起こることを知らせ教えられた。

 

人にではなく

わたしに信頼せよ。

 

そんな招きの語りかけのように思う。

 

 

神様、

あなたに信頼し、

あなたに身を避けるものとさせてください。

 

そしてあなたがどのようなお方であるかを

知ることができますように。

(参考:日々のみことば 2018年11月9日 エレミヤ書37:1-10

                    引用 日本聖書協会 新共同訳聖書)

| sasshi-n | デボーション | 07:58 | comments(1) | trackbacks(0) | - | - |
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>

bolg index このページの先頭へ